読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

COJ山梨支部

移転準備中。

S環境を生きる

まずは今シーズンのメタゲームを整理しよう。有利側→不利側な。

 

1. Sデッキ関係

 

【S緑単】【S黄緑】→【Sニケバアル】→【Sハンデス】→【S緑単】【S黄緑】

※ちなみに【S緑単】と【S黄緑】が当たると毘沙門があるので黄緑有利

 

2. 【Sニケバアル】【S緑単】【S黄緑】のSデッキ以外との対戦

 

【侍】【珍獣】→【Sニケバアル】→【黄単メガバウンス】【ハンデス】【海洋】

【海洋】【青緑】【赤黄ターボ毘沙門】→【S緑単】【S黄緑】→【珍獣】

 

 

 

・諸悪の根源【Sニケバアル】

 

割とどこにでもレシピは落ちてるので、自分で探してほしい。

そもそも賞味期限切れ感が否めないデッキであり、燃えても当ブログでは責任は持たない。

 

1T《聖天使ニケ》から《暴虐王バアル》や《ブレイブドラゴン》に繋げる犯罪ムーブはそれこそバアル登場当時からあったものだが、

今季は《ダーティークロウ》《執行官アーテー》といったいつもの面々に加えて数多の4pt新戦力が入ったことで過去最強のSデッキが完成した。

《春忍の桃花》は1CP進化元であり、2枚出せばスピードムーブ。《アサルトガール》は防御禁止付加が強く《インペリアルソード》から走れば打点になりやすい。

《策略の装填》で叩きつけた手札を回復させ、使い勝手のいいBP強化《闇取引》でトドメを刺す。

どんなに強いユニットが立ちはだかっても《狂神アレス》がクリティカルヒットすればいい、というのも大きい。

今季はptに余裕があるので《テューポーン》《蠅魔王ベルゼブブ》《無限の魔法石》といったパワーカードの入る枠がある。ベルゼブブ使うなら《愛犬の採掘》も一緒にどうぞ。

 

本質的に【ニケバアル】系は【ハンデス】や【海洋】には強かったんだけど、前シーズンの覇者【黄単メガバウンス】にも勝ちやすいせいで今シーズン初期から環境を席巻。

初出である【もやしS】シーズン以上に大量発生してしまった。

 

 

・【ニケバアル】を殺すための【S緑単】【S黄緑】

 

そこらじゅうに【ニケバアル】しかいないのであれば【ニケバアル】を殺すだけに特化したSデッキを作れば盛れるというのは発想としては正しい。

そうした結果生まれたのが【S緑単】であり、そこから派生したのが【S黄緑】と言える。【S黄緑】は【ニケバアル】系への耐性をわずかに落として【S緑単】に勝てるようにしたもの。

そもそも【ニケバアル】は《ミューズ》と《ユグドラシル》を叩きつければ《狂神アレス》に祈るしかなくなる。

ユグドラシル》は青系除去と毘沙門さえ喰らわなければかなりの遅延効果をもたらすので、膠着させるだけさせて《インペリアルクルセイド》でゆっくり勝てばいい。

ユグドラシル》は《愛犬の採掘》からサーチ可能。緑単ならば《ニードルアリゲイター》、黄緑ならば《エンジェルビルダー》あたりと共有するので全力投入が可能。

当然のように3枚積まれる《策略の装填》と、《ブッシュファイター》《ゴリデス》《アークウイング》《ポメ錦》が脇を固め、《武器破壊》がトリガーゾーンに控える。

黄緑では毘沙門だけでなく《大天使ガブリエル》まで投入されるので注意。

 

【S緑単】【S黄緑】の出現を受けて、【Sニケバアル】側に《ファントム》だの《雪忍の六花》+《闇神・ツクヨミ》だの露骨な《ユグドラシル》対策カードが出現しつつある。

また、【黄単メガバウンス】ベースの【S黄単】も出現。Sデッキ旋風に終わりは見えない。

 

 

・この環境面白いの?

 

めちゃくちゃ面白い。対戦やってて手に汗握る感じはここ久しくなかった。

 

【Sニケバアル】ミラーが一番面白い。「先攻が勝つ」と思われがちだがそうでもなく、先攻勝率はいいとこ6~6.5割ぐらいだと思う。

【ニケバアル】系は基本的に防御ガン無視で全力パンチのデッキなんだけど、ミラーは話が違う。

「ここでコイツを処理しないと(ここでブロッカーを残さないと)次のターンに何点食らって負ける」みたいな状況が頻発する。考えることは非常に多い。

《策略の装填》《インペリアルソード》《執行官アーテー》など、後手から勝つためのルートというのは確かに存在する。

 

じゃあ【S緑単】【S黄緑】ミラーは?となるとこれはこれでシビれるゲーム展開が待っている。

互いに《ユグドラシル》+《武器破壊》が越えられずにジリ貧、という展開になりやすく、《インペリアルクルセイド》早撃ちのために思考時間がモノを言う。

「《ユグドラシル》を立てて《武器破壊》の枚数を数えるゲーム」というのは、黎明期にずっとやっていた「《リーフィア》を立てて《不可侵防壁》の枚数を数えるゲーム」に近いものがある。なんと甘美な響きだろうか。

 

Sデッキが増えつつあるものの【珍獣】系や【侍】などのデッキは未だに現役。とにかく、対面に出てくるデッキの種類というのがおそらくここ半年で最も多いシーズン。

今日はどんなデッキを握るのかという最初の部分から油断ができない。強いデッキでSデッキを根絶やしにするのか、Sデッキで夢を追うか。

【Sニケバアル】などの赤が多い日なのか、それを狩る緑系が多い日なのか。

「【珍獣】→"祈り御供"→【ハンデス】→【珍獣】のサイクルに【侍】が加わっただけの同じことの繰り返し」に辟易していたオタク共を筐体に張り付かせる魔力が、今シーズンにはある。

 

 

・Sデッキで増やしたAPの価値は?

 

よく言われるこの問題。僕に言わせれば「APは全て同価値」である。

【ニケバアル】系は早期決着しかできないデッキなので1ターン、1回のミスが大きく響く。握ればわかるが、負けて「あそこでああしてればよかった」がある。【S緑単】や【S黄緑】、ついでに【侍】を踏んだら先攻取ろうがだいたい即死なので、メタゲームを読む要素もある。

【S緑単】【S黄緑】はメタ読みがさらに重要。【ニケバアル】が多い日に持ち込む分には爆アドだが、毘沙門連打でもされようものなら憤死するしかない。ミラーや対【侍】はプレイングが出やすい。

ついでに対面に弱いデッキが出てきやすいので、【侍】なんかのTier1デッキは【ニケバアル】に有利をつけておけばかなりの勝率が期待できる。今シーズンはおそらく【侍】も盛る速度自体は上がっているはず。

なんだかんだで「勝てば増える、勝たないと増えない」というAPの絶対原則がある限り、不当なAPなんてものは存在しない。"やれば上がる"ゲームでは決してない。

僕は5/4に【Sニケバアル】で+5000したけど、5/6は-1500だったよ。5/6は緑と侍しかいなかった。それを「マッチ運じゃん、運ゲーwww」って僕は言わないよ。デッキ選択のミスだよ。

 

 

今が旬のネタなので雑に考察したけど、僕からのメッセージとしては「今COJ面白いよ」ってこと。

DOBってシステムよりも、運営を叩くべきは新PRカードの情報公開の遅さだよ。